対策しましょう…紛失?流出?プライバシーの危険!

プライバシーはどこにある?

プライバシーが侵されないようにするためには、プライバシーがある場所を守らなければなりません。プライバシーを守るためには、プライバシーがある場所はどこか?を知っていることが大前提になりますよ。プライバシーがある場所は、例えばお財布の中であったり、引き出しの中であったりします。車の中にもあるし、ロッカーの中にもあります。お財布の中にはたくさんのカードが入っていませんか。保険証や割引券、クレジットカードや口座カードなど、それらは絶対に失くしてはならないプライバシーと言えるでしょう。

プライバシーの危険!

プライバシーが紛失してしまった、流出してしまった、そんな時はまず落ち着くことです。気が動転している時は焦っていますから、慌てないで対処法を考えましょう。クレジットカードや銀行の口座カードを失くしてしまった場合、すぐに連絡してそのカードを使えなくしておく手続きを取ります。暗証番号を解読されたりすると、預金が全て引き出されてしまう恐れもあります。そう考えるとカード一枚失くしただけで、大切なプライバシーが流出しまうわけなんです。

他人に見られないように!

落すしたり失くしたりするのもそうですが、見られてしまうというのもプライバシーの流出です。皆さんの部屋にはカーテンが必ずありますよね。これは遮光のためだけではなく、他人に見られないようにするためでもあるはずです。筒抜けになった部屋にいるのもよくありません。盗撮されたりする危険もあるし、行動パターンを分析しようとする犯罪者もいますからね。家の門はしっかり閉めてドアには鍵を掛けましょう。人に見せたくない物は隠しておくべきですよ。

機密文書の内容をきちんと守るために、法務部門などの専門的なスタッフの人材教育をすることがポイントです。