太陽光発電が長生きのリスクを解消してくれる!?

将来の不安のひとつが実は長生き

少子高齢化と言われる日本ですが、それは平均寿命が伸びているという背景があります。それは医学の進歩などによるもので、とても素晴らしいことです。しかしその反面、長生きする人はお金が必要なため、今の若い世代の給料の使い道第1位が、貯金だというデータもあります。定年が65歳になったとしても、80歳までなら15年間の生活費が必要になるわけです。65歳になっても、健康保険料や介護保険料は支払わなくてはなりませんし、光熱費、生活費も当然かかってきます。

老後のための準備をしよう

日本では公的年金制度がありますが、将来受け取れる額は正直生活に足りる額にはならないでしょう。これからは自助努力で貯金するか、逆に節約するかということになります。しかし、それ以外にも実はよい方法があります。それが太陽光発電です。ご自身のお宅にもし取り付けることができるならば、これをやらない手はありません。太陽光発電は、お金を作ってくれるシステムです。自宅で発電した電気を売電することで、収入を確保することができるのです。貯金を崩していけば、それはいつか尽きるものですが、太陽の光さえあれば、ずっと収入を得ることができるということは、老後に安心をもたらしてくれるはずです。

太陽光発電で豊かな老後を

太陽光発電は、大きさによって作る電気の量が異なります。大きいほど発電力も大きくなり、得る収入も増えていきます。しかし、当然のことながら大きいものは金額も高くなります。なので、ご自宅の人数や生活環境によって選ぶべき大きさがそれぞれ変わってきます。ものによっては、使用光熱費を遥かに上回る金額になることもあり、生活費に回すことも可能になってくるのです。この先売電の契約単価が下がる方向にあります。同じ量を売電するなら、単価は高いほうが当然有利になります。この機会に太陽光発電の導入を検討してみるのもいいのではないでしょうか。

太陽光発電の価格は、売電価格が右肩下がりですが、地方自治体の補助や設置費用の低価格化、太陽光パネルの性能UP、耐久度のUPなどを入れて計算ないと正確なものが出ないです。