要らない物は処分しよう!引越しは片付け次第で楽になる!

とにかく空にしてしまうこと!

引越しをする時には、食器棚や本棚に入っているものを出して運びますよね。ローチェストやタンスなども勿論、中身をだして運びやすい軽さにしておきます。引越しをする時はとにかく空にしてしまうことが大事なんですね。そして空にする際に「これはもう要らない」と断言できるものは、引越し先に持って行かないようにとっとと処分してしまいましょう。要らない物を新しい住居に持って行くなんておかしいですけど、「もしかしたら使うかも?」なんて言って捨てられない人も結構いるんです。

特に空にしておきたい収納品!

悩まずに空にできる収納品として、冷蔵庫という電気製品が挙げられますよね。冷蔵庫の中身は捨てるより食べるです。引越しの日時に合わせてなるべく食べてしまえば、捨てることもありませんよ。引越しの当日までは、食べたいものを我慢して冷蔵庫にあるもので間に合わせるようにすると良いでしょう。冷蔵庫は生ものが入っていますし、食材はどこでも買えるものですから、なるべく食べ尽しておくのが基本です。引越しのコツというのは、持って行くものを減らすところにあるんですよ。

持って行くものがないほどメリット!

引越しは新しい住居に自分の持ち物を持っていく作業です。引越しをするからこそ、普段整理しない自宅の隅々を整理するものです。整理の達人は要るものと要らない物の線引きが上手な人と言われていますが、要らない物を処分してしまえば、片付けもあっという間に終わってしまうでしょうね。片付けは引越す前の‪住居と引越した先の住居で行うものです。要らない物をより多く処分しておけば、必然的に片付けは楽になりますよ。持って行くものがなければないほど、引越しの片付けも簡単にできるはずです。

不用品の回収業者に引き取ってもらうことで、自治体によっては一切廃棄代金がかからないケースもあります。